個性のあるサックス!!どんなものを選べばいい?

サックスを購入するときには

まるで生き物のように一本一本が異なり個性があるのがサックスの魅力でもあります。いい出会いをするためにいろいろな楽器店をまわってみましょう。初めて自分のものにする楽器はその後のサックスライフにすごく強い影響を与えるものになるでしょう。ですから、楽器の購入はできる限り管楽器専門店か、管楽器を専門に扱うセクションを持つ楽器店で経験者に選定をしてもらうのがいいですよ。経験者に拭いてもらい、数本の候補をあげてもらったら、その後はたとえ初めてでも自分で最終選定をおこないましょう。

良い楽器を最初から手に入れる

自分で最終選定をするということは、ある程度カンというのも必要になります。しかし、その能動的な姿勢はサックスを選ぶにあたって、とても大事なことです。また、しっかりと調整された楽器のほうが上達も早く、楽器のトラブルでのストレスがないぶん、より演奏にも集中できるでしょう。そして、値段が極端に安いものの多くは、材質や構造共に期待できず心地よい音色を表現するには難しいので、うまくなってからいい楽器をというのではなく、最初からいい楽器をもって一生付き合おうという意識で慎重に選びましょう。

中古品も新品も同じ選び方で

サックスの中古品は以前に吹いていた人の演奏のクセが残っています。実際に吹いてみないとわからない部分もありますが、前の人の楽器のなら仕方が、その楽器の個性になっています。ビンテージだからといって人気のある型番にあまり左右されることなく、冷静に自分の好きなニュアンスのサウンドフィールを確かめ選定することが重要でしょう。そのため、選ぶときは新品であろうが中古品であろうが同じ方法で個性を確かめながら選んでいくことが大事ですよ。

サックスとはサキソフォーンのことで、シングル・リードの木管楽器です。ジャズや吹奏楽などに多用され、アルトとテノールがよく用いられます。