楽器との出会いはいつでもある…演奏するコツは何?

楽器が弾けるとモテる?!

楽器というものは誰もが慣れ親しんでいるものだと思います。幼稚園ではトライアングル、カスタネット、ピアニカなどの楽器に触れますよね。小学校になれば縦笛、ハーモニカ、ピアノやシンバルなどを使って共同演奏もします。年齢と共に触れる楽器は変わっていきます。思春期になると楽器を恋の手段として考えたりもするでしょう。楽器が上手に弾けると注目を集めたり、異性に対してのアピールにもなりますよね。バンドなんかを組んでいる男子は、結構女子にモテたりしますからね。

自分に合った楽器に出会う!

幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学と進学していきますが、学校生活で楽器と触れる機会は非常に多いでしょうね。音楽は習得科目のひとつですから、音楽に触れるチャンスも学校に行っていれば、必ずあるはずです。好きな音楽に出会うのも学生時代が圧倒的に多いでしょうし、青春時代に憧れの楽器を手に入れたという人も多くいることでしょう。自分の好きな楽器は青春時代そのもの、そんな考えを持っている人も少なからずいるのではないでしょうか。

楽器を演奏するコツは?

楽器にはその楽器の特性があります。忍耐強く練習しなければ上手にならないのはどの楽器も同じです。学び方としては、先生について教えてもらうというのがスタンダードですが、ギターなどの人気楽器は、教則ビデオや教則本を使い独自に練習するという人も結構多いようですよ。一人で演奏する場合もチームで演奏する場合も、感情豊かに楽しく演奏すると聞き手に思いが伝わりますよ。楽器を演奏することは自分も気持ち良いし、それを聞いている人もまた感動してくれるものですよね。

音楽のための道具を指します。西洋音楽では、管・弦・打楽器などに分類します。エレクトーンなど近代以降に新しく開発されたものも存在します。