知っておきたい!赤ちゃんの命名についての法律と常識

赤ちゃんの命名にも、ちゃんとルールがある!

赤ちゃんが産まれると、当然のことながら命名(名付け)を行わなければなりません。産まれる前から名前を考える場合もあれば、産まれた後に考えることもあるでしょう。さらに自分の子どもや孫に対して、何か特別な名前を付けたいと思うのが普通の気持ちだと思います。しかし戸籍に登録するためには一定の法的ルールを守る必要があるため、何でも良いというわけにはいきません。常識的な範囲で命名を行う場合はあまり気にする必要もありませんが、現在の法律で定められているルールの基礎知識を知っておくと、いざというときに慌てることなく対処できます。

命名についての実際のルール(法律)とは?

命名のルールについては、戸籍法第50条に「常用平易な文字を用いなければならない」と定められています。具体的には、常用漢字2,136字と人名漢字985字を合わせた3,121字の漢字と、ひらがな・カタカナの使用に限られています。それ以外の文字を使うと出生届を受け付けてもらえなくなるので、特別な漢字を使って命名する場合は注意する必要があるでしょう。ただし名前の読み方や長さは基本的に自由であり、特別な規制はありません。

命名についてのそのほかのルールと、一般の常識!

役所への出生届けは、赤ちゃんが産まれた出生当日を含んだ14日以内に行う必要があります。たとえば1月1日に産まれた場合は、1月14日までに届出を行わなければならないというとこです。また命名の一般的な常識としては、読みやすいかどうかや、名前として変でないか、または縁起の悪い漢字が使われていないかといったことが問題になります。またはインターネットなどで行われている姓名判断等の占いを利用して、命名の参考にするケースも多く見られます。

有名占い師の姓名判断なら経験豊富なアドバイスを受ける事が出来ますので、改名をしたい人や運気を上げたい人は一度見てもらうと良いでしょう。