子供の命名で注意したいこととは?自分本位で命名しないことも大切

子供の命名は親の喜びでもある

中には、祖父母や親族のトップが命名するというケースもあるようですが、子供が生まれると親が命名するのが一般的です。子供に名前を付けるという行為は親にとって大きな喜びといえるでしょう。いろいろな願いを込めながらする最初のプレゼントとなる命名は、何度もあることではありませんので、戸惑うこともあるでしょうが、まずは元気に育つようにという子供への願いと、生まれてきてくれたことへの感謝の気持ちを意識しながら名前を考えるといいでしょう。

子供はその名前を一生背負う

子供への命名は、親がよかれと思ってつけるもの、親の願いを込めて付けるものでしょうが、一つだけ注意すべき点があるとすれば、それは、名前を付けてもらった子供は、その名前を一生背負って生きていくことになるという点でしょう。ですから、仮に違った狙いがあったとしても名前の言葉自体が一般的にあまりよくない印象が持たれている言葉は名前として使わない方がいいでしょう。また、名前にはトレンドもあるようで、トレンドに沿った名前を付けることは悪いことではありませんが、時代に左右されない名前も魅力的だという点も考慮するといいでしょう。

名前を通じて思いが伝えられる

人間の英知はDNAと長期間の子育てによって受け継がれていくシステムになっているようですが、親が付けた名前は、親の思いをその子供の生涯を通じて伝え続けるメッセージという役割もあるのかもしれません。子供もいつかは育って成人し、親の元から離れていくことがほとんどでしょう。しかし、名前は常にその子供といっしょにいます。そこに込められた願いは、親が亡くなったあとも子供の人生を支えていくことになるでしょう。名前はDNAと同じぐらい重要なメッセージ伝達機能があるのかもしれません。

命名という行為はとても重要です。その後のその人や、品物の行く末を決めるのですから、それをする立場になった場合には慎重に行いましょう。